コマンドの一覧

共通オプション

Options:
  -v, [--version], [--no-version]  # バージョンを表示します
  -V, [--verbose], [--no-verbose]  # 追加のログ情報を表示します
  -D, [--dryrun], [--no-dryrun]    # 登録や削除などのシステムには反映させずにアクションを実行します

コマンドの詳細

list

magellan-cli stage list

stages の一覧を表示します

show

magellan-cli stage show [ID]

IDで指定されたstageの詳細を表示します

select

magellan-cli stage select NAME

NAMEを指定してstageを選択します

deselect

magellan-cli stage deselect

stageの選択を解除します

delete

magellan-cli stage delete NAME

NAMEを指定してstageを削除します

create

magellan-cli stage create NAME [-t development|staging|production]
Options:
  [-t=T]  # -t development|staging|production いずれかのTYPEを指定してください
          # Default: development
  [-s=S]  # -s micro|standard いずれかのSIZEを指定してください
          # Default: micro

NAMEとTYPEを指定してstageを登録します

planning

magellan-cli stage planning

次回リリースのステージの計画に切り替えます

current

magellan-cli stage current

現在リリースされているステージの情報に切り替えます

prepare

magellan-cli stage prepare

containersを準備します

repair

magellan-cli stage repair

stageの状態を修正します

update

magellan-cli stage update ATTRIBUTES

選択したstageの属性を指定したATTRIBUTESで更新します

release_now

magellan-cli stage release_now
Options:
  [-A], [--no-A]  # -A 非同期モード。リリースの終了を待たずにコマンドを終了します
  [-i=N]          # -i 状態を取得する間隔を秒で指定します
                  # Default: 10
  [-t=N]          # -t タイムアウトを秒で指定します
                  # Default: 3600

すぐにリリースを開始します

logs

magellan-cli stage logs

workersのログを表示します

set_container_num

magellan-cli stage set_container_num NUM

選択されたimageのcontainersの数を設定します

reload

magellan-cli stage reload

最後にselectされたものをロードし直します

help

magellan-cli stage help [COMMAND]

利用可能なコマンドの一覧か特定のコマンドの説明を表示します