コールバック設定(エラー)

Workerインスタンスには、エラーが発生した場合に実行されるコールバックとしてデリゲートを設定することができます。

詳細

名前空間 クラス delegate
Magellan BaseRequest ErrorCallback

tips用アイコン

  • リクエスト実行後、エラー発生時(ステータスコード200以外)に呼び出されます。
  • リクエスト実行前にコールバック設定してください。

実装例

//Workerインスタンス生成
Maellan.Worker worker = new Magellan.Worker(“worker/”,BaseRequest.MethodType.Get, ProtocolType.Version1, SchemeType.HTTP);

//コールバック設定(エラー)
worker.ErrorCallback = (_worker) = >
{
    //コールバック(エラー)処理
}