コールバック設定(接続)

MagellanManagerクラスを通じて、接続リクエスト完了時のコールバックを設定することができます。

詳細

クラス 関数名
MagellanManager setPubSubConnectCallback
要否 引数名 説明
必須 handle MagellanClientHandle クライアントハンドル
必須 callback PubSubConnectCallback 接続コールバック
戻り値(型) 説明
なし -

tips用アイコン

  • コールバックは接続リクエスト完了時に呼び出されます。
  • 接続リクエスト実行前にコールバック設定してください。
  • 実装するコールバックについては Worker(Publish/Subscribe型通信)接続 を参照してください。
  • コールバック設定しない場合、コールバックは呼ばれません。

実装例

//コールバック(接続)
void connectCallback(MagellanHost* host, MQTTConnectStatus status)
{
    //コールバック(接続)処理
}


//MagellanManagerインスタンス取得
MagellanManager *mng = MagellanManager::getInstance();

//クライアントハンドル生成
MagellanClientHandle mHandle =  mng->createClient(“example.com”, 443,”CONSUMER_KEY”,”CONSUMER_SECRET”);

//初期化
bool result = mng->initializePubsub(mHandle, “1.0.0”, “pubsubClientID”);

//コールバック設定(接続)
mng-> setPubSubConnectCallback(mHandle, connectCallback);