Client SDK for Androidの導入手順

1 はじめに

Client SDK for Android の 導入手順について解説します。

tips用アイコン

Android および Java での開発基礎知識をお持ちの開発者を前提に記載しています。 そのため、Android と Java の説明については割愛します。

2 動作環境

Client SDK for Androidは以下の環境で動作します。

2.1 対応Androidバージョン

  • Android 2.3.3以上

2.2 対応Androidアーキテクチャ

  • armアーキテクチャ
  • x86アーキテクチャ

3 SDK導入準備

3.1. Client SDKのダウンロードと解凍

Client SDKパッケージファイルをコンソールからダウンロードしてください。

ダウンロードが完了しましたら、ダウンロードしたSDKを任意の場所に解凍してください。
解凍後は以下のようなフォルダ構成になります。
structure

フォルダ・ファイル名 説明
magellan.jar MAGELLAN JAR ライブラリ
armeabi-v7a arm用soライブラリを含むフォルダ
x86 x86用soライブラリを含むフォルダ

4 SDK導入手順

MAGELLANシステムを利用するには、SDK導入準備 で準備した Client SDKのJARライブラリとsoライブラリを開発プロジェクト環境にインポートする必要があります。
ここでは、Android開発に使われる代表的な環境としてEclipseとAndroid Studioに関する導入手順を解説します。

4.1 ライブラリのインポート(Eclipse)

以下のようなEclipseプロジェクトフォルダ構成を前提に、Client SDK for Androidの導入手順について解説します。 structure

プロジェクト内のlibsフォルダに SDK導入準備 で準備したライブラリを、そのままの構成でコピーします。 structure

Package Explorerでプロジェクト名を右クリックして、Build Path ->Add External Archivesを選択し、プロジェクト内のlibs/magellan.jarを選択します。 structure

4.2 ライブラリのインポート(Android Studio)

以下のようなAndroid Studioプロジェクトフォルダ構成を前提に、Client SDK for Androidの導入手順について解説します。 structure

プロジェクト内のapp/libsフォルダに SDK導入準備 で準備したライブラリを、そのままの構成でコピーします。

tips用アイコン

  • soファイルを含むフォルダのパスをbuild.gradleなどで設定している場合は、soファイルを含むフォルダをそちらにコピーする必要があります。

structure

ProjectViewapp/libs/magellan.jarを右クリックして、Add As Libraryを選択します。

tips用アイコン

  • ProjectViewにjarファイルが表示されない場合は、app/libsフォルダを右クリックしてSynchronize 'libs'を選択してください。

structure

以上で Client SDK for Androidの導入は全て完了となります。