試してみよう

ウェブアプリのデプロイをする

デプロイとは、完成したウェブアプリを MAGELLAN で動くようにする一連の作業のことを言います。

まず、ウェブアプリが MAGELLAN で動く仕組みを理解した上で、実際にデプロイと呼ばれる作業を行い、ウェブアプリを動かします。

ウェブアプリが MAGELLAN で動く仕組み

MAGELLAN で動くアプリケーションのことを Worker と呼びます。下図は、Worker の動作イメージです。

Worker の動作イメージ図

MAGELLAN は、Google Cloud Platform で動いています(サービスを提供しています)。もちろん、Worker も Google Cloud Platform で動くことになります。

また、Worker は、Docker コンテナとして動きます。MAGELLAN は、Docker コンテナの元となる Docker イメージを Docker Hub からダウンロードして利用します。

このため、ウェブアプリを MAGELLAN で動かすためには、次の事前準備1が必要となります(上図左側青枠部分)。

  1. ウェブアプリが動く Docker イメージを生成
  2. 生成した Docker イメージを Docker Hub に登録

今回使用するウェブアプリでは、この事前準備を済ませています。

Worker の事前準備を済ませたら、いよいよ Worker を MAGELLAN で動かします。

Worker にドメインを割り当てる

ウェブブラウザーから Worker にアクセスするためには、Worker にドメインを割り当てる必要があります。Worker に、ドメインを割り当てると、http://<Worker に割り当てたドメイン名> の URL で Worker にアクセスが可能となります。

例えば、ドメインに、helloworld.example.jp を割り当てた場合は、http://helloworld.example.jp でウェブブラウザーから Worker にアクセスが可能となります。

現時点では、Worker に割り当てが可能なドメインは、「magellanic-clouds.net」のみとなっています。サブドメインは、自由に設定できます。

今回は、「*****-helloworld.magellanic-clouds.net」をドメインとして割り当てます。***** の部分は、自身の MAGELLAN アカウント名に読み替えてください。

それでは、Worker にドメインを割り当てましょう。

  1. ウェブブラウザーで、MAGELLAN コンソール にアクセスします。
    ログインをしていない場合は、ログイン画面が表示されますので、ログインをしてください。

    MAGELLAN コンソール画面

  2. サイドメニューもしくは画面中央付近の「DefaultProject1」のリンクをクリックします。

    DefaultProject1 リンクのクローズアップ

  3. 「DefaultProject1」に関する画面に切り替わります。DefaultStage1 の 鉛筆アイコン をクリックします。

    DefaultProjecct1 の画面

  4. 「Stage の編集」画面が表示されます。「Authentication」の「認証なし」のチェックボックスをチェックして、Save ボタン をクリックします。

    Stage 編集画面

  5. 「DefaultProject1」に関する画面に戻ります。「Client Versions」タブをクリックします。

    Client Version タブのクローズアップ

  6. 「Client Versions」タブの画面表示に切り替わります。 鉛筆アイコン をクリックします。

    DefaultProject1 画面の Client Versions 表のクローズアップ

  7. クライアントバージョンの編集画面が表示されます。
    「Domain」の入力欄に、「*****-helloworld」と入力して、Save ボタン をクリックします。

    クライアントバージョンの編集画面

    ***** の部分は、MAGELLAN のアカウント名に読み替えてください。 アカウント名は、MAGELLAN コンソール右上の Logout ボタン 左横で確認できます。

これで、ウェブブラウザーから http://*****-helloworld.magellanic-clouds.net の URL で、Worker にアクセスする準備が整いました。

Worker を起動する

Worker を起動するためには、Worker に関する情報を MAGELLAN に設定しなければなりません。次の手順で、Worker に関する情報を設定します。

  1. MAGELLAN コンソール内の「DefaultStage1」のリンクをクリックします。

    DefaultProject1 画面

  2. Worker の情報を設定する画面に切り替わります。

    DefaultStage1 の Planning 画面

    次表の内容に沿って、情報を入力して、Save ボタン をクリックします。

    入力フィールド 入力する内容
    Name HelloWorld
    Image Name magellan/node-helloworld-worker
    Container Num 1
    Migration Command 1 空欄
    Migration Command 2 空欄
    Environment Variables 空欄

これで、Worker に関する情報の設定が終わりました。

いよいよ Worker の起動です。

コンテナの起動ボタン をクリックして、Worker(ウェブアプリ)を起動します。

Worker の起動には、しばらく時間がかかります。「コンテナを起動しました。」とメッセージが表示されれば成功です。Close ボタン をクリックしてください。

これで Worker(ウェブアプリ)が起動しました。

MAGELLAN コンソールの画面は、下図のような表示に切り替わります。この画面で、Worker のアクセス状況、エラー発生状況およびネットワーク状況の概略が、グラフで視覚的に確認できます。

Worker 起動直後の画面例

続いて、「ウェブアプリの動作を確認する」に進んで、ウェブブラウザーで Worker(ウェブアプリ)の動作を確認しましょう。


  1. Docker イメージの作り方について詳しく知りたい場合は、「MAGELLAN 用ウェブアプリケーションの作り方 」を参照してください。 [return]